TEL LINE
MENU

アトピー性皮膚炎

  • アトピー症状がひどいので外に出たくない
  • 1日中かゆみが止まらない
  • 皮膚がただれてしまっている
  • 子供がアトピーで苦しんでいるのでなんとかしてあげたい
  • ステロイドを服用しても一向に改善される気がしない
  • できれば薬でなく自然療法でアトピーを改善したい
  • できるだけ早いアトピーが改善する治療院を探している

上記のようなお悩みをお持ちでありましたら是非当院での施術を推奨します。船堀ソレイユ鍼灸院は船堀でも珍しくアトピー性皮膚炎の専門施術を提供している鍼灸院です。アトピーを抱える患者様のほとんどが医療機関でステロイドによる治療を継続しております。もちろんステロイドによって症状を一時的に落ち着かせることはできますが、これは根本的な改善につながっているわけではないため、一生涯アトピーと付き合っていくしかありません。当院のコンセプトは再発をしない施術を心掛けております。つまりアトピー症状が今後一切再発しないように徹底して人間が持っている免疫力、自然治癒力を高めていくことで当院の施術法になります。本当にアトピーが治るか不安とお考えの方も多いと思います。当院では完全予約制で施術を行っておりますのでこのような相談も丁寧にご対応をさせて頂いております。是非お気軽にご相談下さいませ。

リスクゼロで最大限の効果を

当院では、施術を受けられる患者様への効果を最優先で考えています。 もし、当院の施術にご満足いただけなかった場合、全額をお返しする保証制度がございます。ご遠慮なくおっしゃってください。返金制度を希望される場合は施術後3日以内にご連絡頂きますようお願い致します。

鍼と漢方薬でアレルギー体質を変えていく

近頃、アレルギー体質の人が増加しています。
中国では、「医食同源」とされており、食生活と病気は密接な関係があると考えられていました。 
しかし、最近の食物は添加物が沢山入っているジャンクフードであったり農薬を使用した野菜などが多く、
大量生産され私たちの手にはすぐ入るようになりましたが、体に与える影響は大きなものになったようです。

西洋医学ではアトピーの患者様に対して、ステロイドと呼ばれる副腎ホルモンを使用します。
副腎ホルモンは確かに効き目が早いのですが、同時に体内で副腎ホルモンを作る機能が衰退し、内分泌の調和を変えてしまうという恐ろしい面もあります。 
また、副腎ホルモンを使うのをやめてしまうと再び発症しやすいという面もあるのです。
鍼灸の治療では体質改善する働きがあります。そして体がもともと持っているはずの免疫力、自然治癒力を高めます。 
そのためアレルギーでお悩みの方も体質を改善することにより、症状を和らげることが出来るでしょう。
花粉症の例で言いますと秋頃に治療を始めていき、体質の改善をし、治療の効果を出していきます。 同様に気管支喘息で悩んでこられた方からも効果を実感できたと喜びの声を頂いております。
また、漢方薬には鍼と同じような効果があるので、併用して、漢方薬を使用されるのもいいでしょう。温かい飲み物をたくさん飲むなど発汗を促し、体内のデトックスをするのも大事です。

アトピー性皮膚炎の方は厚く弾力がない皮膚

発汗すると体内の毒素も出ます。
しかし、アトピー性皮膚炎は、発汗しにくく厚い皮膚となるため炎症を起こしてしまいます。
アトピー特有の「かゆみ」は、その皮膚の炎症によるものです。
もともと皮膚は薄く発汗し毒素を出す機能を持っています。薄くなればいけない皮膚が厚くなってしまうと、正しく機能しなくなり、症状が出てきます。

西洋医学では治療の難しい症状の方も多く対応させて頂いています。

鍼灸治療は、体質を改善し身体のバランスも整えていくという治療法です。症状のある部分だけでなく身体全体をみて行きます。なので、様々な症状に対応することができます。
治療が難しいとされているパーキンソン病関連疾患重症筋無力症、リウマチでお悩みの方も当院に是非ご相談ください。

アトピーや皮膚の炎症

アトピー性皮膚炎のように免疫と深い関わりのある治りにくい症状は、鍼灸の治療での効果が期待できます。 鍼灸治療は本来、身体が持っている自然治癒力を高めていき、低下し崩れた免疫機能を正しい状態に戻していきます。
薬による副作用を我慢されている方や長い治療に苦労されている方も、是非鍼灸治療の効果を体感してください。

帯状疱疹

免疫機能が低下する更年期に症状が出やすいです。症状がひどくなる前に早めにご相談下さい。

アトピー性皮膚炎

投薬治療だけでは治りにくいアトピー性皮膚炎。お子さまの治療も対応しておりますのでご相談ください。
解毒作用を高める「肝兪」肺機能を強くし毛根の動きを活発にする「肺兪」胃を活発にする「胃兪」「中脘」。
このようなツボを使い鍼治療を、行うことで体質を改善します。身体がもともと持っている免疫機能を高め、自然治癒力を戻していきます。
まずは食べることが大切です。栄養をきちんと取ることで免疫力が高まります。

アトピー治療は何年もかかる…というわけではありません!!

アトピーが改善しないかもしれない。アトピーは我慢しないといけない…と諦めていませんか? 諦めるのはまだ早いです。
治らないかもしれない不安やお悩み、何でもご相談下さい。
ソレイユ鍼灸院は、あなたの思いを受け止めます。そして、アトピー性皮膚炎を感知したい克服したいと思われたこの時を大事にして下さい。
根源が見つかれば全てうまくいく。どこに行っても河原に色々やったけどうまくいかない「私のアトピーの原因でなんなんだろう?」と思ったことはありませんか?
肌の悩みを引き起こす原因を特定することは、専門化でも難しいと聞きます。 原因を取り去るために可能性一つ一つを検証していくのには、時間やお金、そして労力がかかります。 

当院では根本的な原因を探すために、患者さんの下意識(無意識)の中に問いかける検査法を行います。 
下意識は、身体の状態、昔から今までの感情や経験したことなど全部を記憶しています。あなたがこれまで見てきたもの、聞いてきたもの、触れてきたもの身体に入ったものも同様です。 
下意識に問いかけると、根本的な原因を知ることが出来ます。 あなたの身体の不調の本当の原因は、あなたの下意識の中にあります。

どうして深い部分までの検査が可能なの?

病院よりもいいの?
筋肉、骨、脳、内臓、脊髄、神経、皮膚、経絡、チャクラ、トラウマ、乾癬など全部の面で深い部分まで検査が可能です。
身体全体の異常を見つけ、その異常全部を治して改善する方法です。
この治療は自然治癒力を高め、不覚呼吸が出来るようになり、身体全体を引き締め、血液循環が良くなり検査の上で検出した異常のある部分を宣撫に治癒する力を巡らせて、改善させていきます。
ステロイドでは治らないことはもうごご存知ですよね!
人間は自分の力で治していく自然治癒力を生れた時から備え持っています。 朝起きたら頭痛が治っている。自然に傷がふさがっていく。
このような経験はほとんどの方が体験したことがあると思います。 自然治癒力の働きで、多少のダメージを受けても、健康的な状態に身体を戻すことが出来るようになっているのです。
しかし、自然治癒力は大きなストレスを継続して受けると、その力が弱まり、身体に色々な異常が出てきてしまいます。これを病気と呼びます。
今の医学では、病気の色々な症状の一つ一つに処置していく対症療法が主体になっています。その一つにステロイドでの治療があります。
これは、症状を一時的に治しますが根源を見つけ出す治療法でないと完全には治りません。当院では、その根源となっている自然治癒力を高めていく方法で治療していきます。

デトックスにかかる時間を大幅に短縮

ステロイドとは副腎皮質ホルモンが持つ、消炎症作用に注目して、コレステロールから作られた化学薬品です。 
ステロイドの消炎症作用は、とても効果がありますが、コレステロール濃度が高く、体内に残り変性します。副腎皮質ホルモンの消炎症作用では、体内に残ることはありません。
体内に残ったコレステロールは参加され、酸化コレステロールとなり、体内に蓄積されます。そして蓄積された酸化コレステロールにより活性酸素が生まれ、反対に炎症を引き起こしてしまいます。
参加コレステロールは体外にでていくまでに10年程かかるとも言われています。そこで、自然治癒力を高める治療で体外に毒素を出しやすくし、10年かかる排泄を3ヵ月と大幅に短くします。
そして、その後もアトピーの症状が出にくくなるよう体質を改善していきます。

整体でアトピーを克服

またあの痒さ、痛みが出るかもしれない…という不安。アトピーに対する治療は、本当は危険だというものもあります。 
通院し漢方薬や鍼灸治療、健康補助食品など色んなものを試したけれど、どれも効果が無かった…というあなたへ。
アトピーを治すためにたくさんの知識を収集したり治療法を変えることでは効果が出ません。「根本的な原因を知ること」これがあなたに必要な事なのです。

アトピー性皮膚炎と東洋医学

アトピー性皮膚炎は西洋医学の治療だけでは治すのが難しく東洋医学の考え方をプラスすることにより効果を出すことが出来ます。
アトピー性皮膚炎とは、日本皮膚科学会によると「憎悪・寛解を繰り返す、そう痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもつ。」と定義されています。

アトピーの素因

①家族にアレルギー症状(アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・気管支喘息・結膜炎等)を持つ人がいる。もしくは過去に患ったことがある。

②IgE抗体(アレルギーがあると反応する因子)
湿疹ができ、我慢できないほどの痒さ、発赤、乾燥して、皮膚がふけのようにおちたり、という症状がでます。
ほとんどが左右対称に症状が出て、目、口、耳の周辺、手首や足首などの関節に出やすいですが、腹部や背中と言った、体に出ることもあります。
アトピーの大変な所は長期に渡り症状が出たり何度も繰り返して症状が出るという事です。 
これまで原因不明とされてきましたが、最近では遺伝であったり、免疫機能や自律神経のバランスの乱れも大きく影響していると判明しました。
厚生労働省の調べによるとアトピーの発症は1歳から4歳、15歳から35歳が多いとされています。幼児期と思春期から就職して10年たつ頃に症状が出やすいようです。
生活の変化などで、精神的にもストレスの多い時期に好発するという事からも、アトピー性皮膚炎と自律神経は関わりが深いことが分かります。

西洋医学でアトピーを治す。

今現在、アトピーを根本的原因から治療する方法はまだ見つかっていません。なのでステロイドを使って対処する治療が主となります。
ステロイドとは、副腎皮質から分泌されるホルモンのひとつで免疫機能を高める役割を持っています。
体の中で、そのホルモンが分泌されにくくなり、免疫力が落ち、アトピー症状が出た場合、外用薬としてステロイドを使うことにより、その症状を一時的に和らげることが出来ます。
ところが、ステロイドを長い期間そして大量に使うと反対に副腎皮質の機能が弱まってしまいます。 
結果副作用として皮膚萎縮や黒ずみ(炎症後色素沈着)を起こしたり、緑内障を発症したりします。
だからと言って、ステロイドは「悪い薬」ではありませんアトピーで苦しんでいる患者さんの生活を考えると、一時的だとしても苦しい症状から解放してあげるのは大切な事です。 
また、ステロイド薬は今現在アトピー性皮膚炎の炎症症状を最も鎮めることのできる安全で効果的な薬品であると立証されています。
特に、注意しなければならないことが、自分の判断で使用をやめてしまうことです。突然使用を止めてしまうと反対に、より非常に強い症状が出ることがあります。
西洋医学では、アトピー性皮膚炎の治療に対し「完治」ではなく、薬品を使い上手く症状を抑えながら生活の質を上げていこうという考え方です。

鍼灸・東洋医学によるアトピー治療の考え方

鍼灸・東洋医学の治療とはどのような方法があるのか?
もともと、鍼灸治療は乱れた自律神経を整えたり私たちの体を守るために作られている免疫グロブリンを正しい値に戻すという特徴を持っています。 
自律神経には交感神経と副交感神経があり、鍼刺激は交感神経を鎮め、灸刺激は副交感神経を鎮める効果があり、鍼と灸では反対の作用をすることがあるという事を研究により分かってきました。
長い期間ステロイドを使用されている患者さんの体は副交感神経が過剰という体質を基本に持ちながらなおかつ交感神経を過剰になっているという、ややこしい状態の体になってしまっています。 
そこで、鍼灸治療の特徴をうまく利用し交感神経と副交感神経共に、正常値へと近づけていきます。
しかし、ステロイドを長い期間使っている患者さんは人間が本来持つ生体の恒常性が正常な状態でないため、それを戻していくのに治療する時間が少なくても6週間程かかります。
その後、効果を実感して頂けると思います。通院のペースは週に1~2回程をおすすめしています。
東洋医学の考えによると、アトピー性皮膚炎は体内を流れるエネルギーが原因不明なものにより滞り、「邪」と呼ばれる身体に悪いものに変化し症状が出るとされています。 
特に、肺と脾の臓腑に邪気が入ってしまうと体表が潤いを無くし、アトピー性皮膚炎の特徴である痒みにある赤い湿疹、ジクジクした症状が出てくると考えられています。

肺臓:胃腸機能を高め、食物消化から混じりけのない津液にし、全身を栄養付ける作用がある。
脾臓:呼吸を担当しそこから取り入れたエネルギーと脾から運ばれた津液を全身へ巡らせる作用がある。

皮膚の収縮と弛緩がうまく行えず、外に出ていくはずの熱(虚熱)が皮膚の下に滞ってしまい皮膚の赤み痒みが出てくるということです。
治療の方法は、まず熱(虚熱)の発生する根源を見つけ治療し、皮膚の収縮と弛緩がうまくいくよう整えていきます。 
熱(虚熱)は上昇する性質を持っているので、アトピー性皮膚炎の症状が出やすい部分は顔や首、肩など体の上部になります。
当院では、このように東洋医学、免疫機能、西洋医学、そしてストレスや生活の質も考慮して多方面からアプローチし、出来る限りステロイド治療を長く続けなくて良いように健康で強い肌作りを目指します。 
東洋医学での大きな利点はステロイド使用を少なくしていけるので不安が無いという事です。 更に大きない利点が繰り返し症状が出て悩まされることがないということ。

不利な点としては炎症症状や痒みに対してすぐには効果があらわれにくく、効果を実感できるまで時間がかかることです。 
しかし、ご自身の体を長い目で見ると、ステロイドを使用せず体に負担無く治療して行くのが最良なのではないかと思います。 
効果が出てくるまでは、時間がかかりますが、皮脂が分泌により、肌の乾燥が無くなってくれば、目に見えて改善へ向かっていくでしょう。
当院では、アトピー症状が強い方から弱い方までいろいろな症状の患者様からこうかがでたと喜んで頂いています。 
鍼灸治療に加えて、生活の習慣を見直していき出来る限り時間をかけずに改善するよう患者様と心を一つにし治療しております。
また、アトピー性皮膚炎に加えて、喘息、鼻炎、花粉症等の症状をお持ちの方も、アトピー治療をすることにより症状が緩やかになるのを実感できたというお話を頂いております。
鍼灸治療がまだ未経験の方もこの機会に鍼灸治療を体験し効果を実感して頂ければと思います。

あなた自身がお試しください!!今がスタートです。

アトピー性皮膚炎、あらゆるアレルギー症状にずっと悩まされている。
治したいけど、新たな治療を始める一歩がでない…

しかし、今のままでは結果が変わらないのは確かです。長い間悩まされているアトピー。アレルギー症状、そして結果の変わらない治療を終わりにしましょう!!

よくある質問

ステロイド治療は身体にどんな影響がありますか?

使っていくうちに交感神経と副交感神経のバランスが崩れていきます。
血管収縮により血流が悪くなり、体温が低くなります。体内の活性酸素も増えてしまいます。

生活習慣を見直し指導してもらますか?

食生活、運動、睡眠、ストレスなど多方面からみていき、治療効果が上がるように指導させて頂きます。

これまで色々な方法を試したけれど効果が出なかった人でも効果が期待できますか?

アトピー性皮膚炎は根元を治療することで効果が出てきます。これまでの治療は根元治療ではなかったのではないでしょうか。

患者様の現状やもともと持っている自然治癒力によって効果の出方に違いはありますが、必ず効果を実感できるでしょう。ご自身の現状を知ることも大切です。

ぜひこの期会にご相談お待ちしております。

鍼灸治療、整体など痛くはないですか?

痛みのある強いマッサージや関節を無理に鳴らす様な施術はありません。ご安心ください

ステロイド治療を止めて、また症状がひどくなることはありませんか?

免疫機能、内臓の動きや機能を高めステロイドによる反動を少なくしていきます。

まれに好転反応として一時的に症状が出る方もいらっしゃいますが、根源を治療して行くので、基本的にはありません。

どのくらい時間がかかりますか?

3時間から4時間です。
どうしてこれまでの治療で効果が出なかったのか?変化がなかったのか?を理解して頂くためにカウンセリングし、
患者様の現状をご理解頂けるようご説明致します。

アトピー・アレルギー治療 料金表

悩みが深いアトピーやつらいアレルギーを根本的に本気で良くしたい方にオススメです。
鍼灸施術に特殊整体・アトピーアレルギー整体、メディカル整体、などを組合わせた独自の効果的な施術を行っています。

※初回はお身体の事を詳しくお聞かせいただき状態を診させて頂きますのでカウンセリングに時間がかかります。施術とカウンセリング合わせて2時間半程度かかります。

45分 8,000円(税抜)