TEL LINE
MENU

ホーム > Blog記事一覧 > 妊活の記事一覧

【妊活・不妊】卵子の質を高めるために ~卵巣への血流を良くする~

2020.04.20 | Category: 不妊,妊活

卵子の質を高めるには?

先日、女性は卵子を一生分抱えて生まれてくること、卵子は精子と違って新たに作り出されることはないために加齢とともに数も減少していくことなどを説明しました。

いずれ卵子の数は底をつき、閉経を迎えると妊娠することはできなくなります。

女性にはどうしても、年齢による妊娠のタイムリミットが存在してしまうということになります。

あまり年齢にとらわれたくないと感じる女性も多いと思いますが、不妊のことを考えるうえで年齢の関りはとても大きいものなのです。

そこで、限りある残された卵子をいかに大切にするかは、今後の妊娠に重要なポイントとなってきます。

卵巣内にある卵子の元となる細胞は、約3か月かけて成熟し、受精可能な状態になります。

したがってこの3か月の間で、質の良い卵子に成熟できるような体内、特に卵巣の環境づくりが必要です。

卵子の元の細胞は、生殖ホルモンとの交信によって正常に発育・成熟していきます。

この生殖ホルモンを細胞に供給しているのは血液の流れです。

また、発育や成熟に必要な様々な栄養素を供給し、代謝によって生じた老廃物を排泄するのも、血液の流れが必要となります。

このことから、卵巣への血液の流れや卵巣内の血流が悪くなると、卵子のスムーズな発育を妨げ、質の良い卵子を成熟につながらなくなってしまう可能性があります。

 

逆に言えば、卵巣への血流量を増やして卵巣内の血流を良くすることで、卵子の質を高めることが期待できるというわけです。

 

卵巣への血流が良くなると?

実際に、卵巣への血流が良いと妊娠率が上がるというデータもあります。

卵胞周辺の血流量が多いほど発育する卵胞の数が多く、血流が悪いと発育卵胞数が少ないことが確かめられています。

卵巣への血流を良くするということは、全身の血流を促進させる意識で良いでしょう。

 

卵巣への影響を悪くさせる要因は?

血流を悪くさせる原因の一つが「冷え」です。

冷えと不妊の関係性は、卵子の成熟を妨げるということにもつながります。

冷え性に悩む女性も多いと思いますが、放っておくと妊娠しにくい環境をつくりだしてしまっているかもしれません。

適度な運動で代謝を促したり、冷たい食べ物や飲み物で体の中から冷やしてしまわないように気を付ける必要があります。

また、ストレスや睡眠不足なども卵子の質を高める妨げになります。

長期間強いストレス下で生活していると、血管を収縮させて血流が悪くなります。

なるべくレスをため込まずに規則正しい生活を送ることで、自律神経のバランスが整えられて血流の促進につながります。

全身の血液の流れをアップさせて卵巣への血流や卵巣内の血流も促し、卵子の質を高める環境を整えましょう。

【不妊・妊活】不妊症と不育症

2020.02.14 | Category: 不妊,妊活

不妊症と不育症の違いって?

不妊症とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにも関わらず、一定期間(一般的には1年以上)妊娠をしない状態のことを言います。

それに対して妊娠はできるのに流産や死産を繰り返し、結果的に子供をもつことができない場合を不育症と呼びます。

 

どちらも似たような意味で使われることが多いのですが、不育症の人は妊娠が可能な状態のため、不妊症とは大きく異なります。

 

不育症とは?

一般的に、3回以上の流産や死産の経験がある場合に不育症と言われることが多いのですが、様々な条件や医師の考え方によっても判断が違ってきます。

しかし、一度だけでなく何度も連続で流産や死産を繰り返してしまう場合は、不育症の疑いが大きくなると思います。

特に、流産を反復する習慣性流産に悩む人は少なくありません。

流産を連続して3回繰り返した場合、次回の妊娠率は明らかに減少し、何らかの原因があって流産を繰り返していると考えられます。

 

不育症の原因って何?

不育症の原因には、以下のようなものが考えられます。

 

・染色体異常

夫婦いずれかの染色体異常が受精卵に引き継がれ、流産を引き起こす場合。

 

・子宮形態異常

女性の子宮形態に異常があり、胎児に栄養がうまく運ばれないなどして流産につながる場合。

 

・内分泌異常

体内のホルモンの異常が流産に影響している場合。

「黄体機能不全」「甲状腺機能低下症」「高プロラクチン血症」などが直接または間接的に影響していることが多い。

 

・凝固因子異常

血液を固めて血を止める役割を担う血液中の凝固因子に異常が生じ、血栓が作られやすい状態が胎盤内にも血栓を作り出し、胎児への栄養の流れを遮ることで流産につながる場合。

 

・拒絶免疫異常

半分がパートナー由来で作り出されている受精卵を、母体が異物と認識してしまい、流産してしまう場合。

 

まとめ

流産は、妊娠した15%もの人が経験するとも言われるほど、珍しいことではありません。

しかし、妊娠のたびに何度も流産を繰り返してしまう場合には、どこかに異常があると考えた方が良いでしょう。

また、ストレスによる毛細血管の収縮や免疫機能への影響が、不育症を引き起こしている可能性もあります。

妊娠が成立しても、胎児がお腹で元気に育たなければ意味がありません。

妊娠はゴールではなくスタート地点です。

不育症への不安がある人は、早めに対処しておく必要があるでしょう。

【妊活・不妊】精子の異常が原因で起こる男性不妊の種類

2019.12.22 | Category: 不妊,妊活

精子異常が原因の男性不妊とは?

不妊の原因が男性側の精子の異常による場合、その種類には以下のようなものがあります。

・精子減少症(乏精子症)

精液の中に精子はいるが、その数が少ないという症状。

精液1ミリリットル中の精子の数が1500万以下程度の場合は精子減少症または乏精子症と言われることが多い。

 

・精子無力症

精子の数は正常または正常に近いほどあるけれど、その精子の運動能力が悪いという症状。

通常であれば70~80%の精子は活発に運動しているが、その数が50%程度の場合は軽度の精子無力症、20~40%程度で中度、精子の運動率が10%以下の場合は重度と判断される。

 

・精子死滅症

精液内に精子は見られるもののその精子が全く動いていない、ほとんどの精子が死んでいるという症状。

重度の精子無力症に見られる症状で、精子が生きているのに動いていないという場合は「精子不動症」に当たる。

 

・無精子症

精子の中に精子が全く存在しないという症状。

無精子症には、精巣で作られた精子がうまく精液に送られていない場合(閉塞性無精子症)と、精巣に問題があり精子自体がうまく作られていない場合(非閉塞性無精子症)の2種類がある。

 

・おたふく風邪と不妊との関係は?

また、男性がおたふく風邪にかかると精子が死んでしまう、少なくなってしまうという話を聞いたことはありませんか?

成人男性がおたふく風邪にかかると、合併症で睾丸炎にもかかってしまう場合があります。

おたふく風邪にかかった15歳以上の男性の約30%が併発するとも言われていますが、この睾丸炎により精子の機能に問題をきたす場合があります。

しかし、おたふく風邪が原因の睾丸炎により完全な男性不妊になってしまうことは極めて稀です。

精巣の片側だけがダメージを受けてももう片方が正常に機能していれば、無精子症などを引き起こすことはほとんどないため、おたふく風邪による不妊をそれほど心配する必要はないでしょう。

 

・まとめ

これらの精子異常が起こる原因には、先天的な性染色体の異常や、停留睾丸(こうがん)と言って睾丸が陰のうはっきりと中まで下りてこない症状などがありますが、はっきりとした原因が分からない場合も多くあります。

男性の精子異常による不妊は、決して珍しいことではありません。

そういう面からも、不妊について動き出す際には男性側の理解を得ることがとても重要になってくるでしょう。

【妊活・不妊】不妊治療の方法 その3体外受精(IVF)

2019.11.25 | Category: 不妊,妊活

不妊治療の方法の体外受精(IVF)って何?

不妊治療の一般の病院では人工授精の次のステップが、体外受精(IVF)になります。

体外受精とは、十分に育った卵胞から卵子を採取し、体外でパートナーの精子を振りかけるようにして受精させ、できた受精卵を培養してから子宮内に戻して着床を促す治療法です。

これまでのタイミング法や人工授精と比べても、より高度な生殖医療技術が必要とされる不妊治療法です。

 

他のと何が違うの?

体外受精が今までの治療法と大きく異なる点は、確実に卵子と精子が出会うことです。

タイミング法や人工授精は、排卵のタイミングに合わせて精子を送り込むことはできても、その後精子が卵子のもとにたどり着くことができるのか、精子が卵子の中に潜り込み受精に成功するのか、その受精卵がある程度のところまで育つ生命力があるのかは、確かめる術がありません。

体外受精では、卵子と精子が出会って受精し、受精卵を培養してから子宮内に戻すため、着床前までのプロセスは確実に目で確認することができるのです。

 

どんな人が対象?

タイミング法や人工授精からのステップアップのほか、卵管性不妊や重度の男性不妊など体外受精でしか妊娠できないと判断された人が、体外受精を進めていきます。

また、長期間の原因不明不妊や女性が高齢の場合にも、体外受精が適応と判断されることがあります。

体外受精では、より多くの卵子を十分に成熟させて採卵するために、ホルモン剤で排卵をコントロールしていきます。

成熟した卵子を排卵日の直前に体外に取り出し、精子をシャーレ上で振りかけて受精させます。

 

よりハイレベルな体外受精とは?

この時、男性側に重度の精子の問題がある場合や、シャーレを用いた体外受精では受精卵を得られなかった場合などに、顕微鏡を使って細いガラス管を用いて精子を卵子に直接注入して受精させる顕微授精という方法もあります。

受精卵は培養液で培養され、細胞分裂を開始すると胚と呼ばれます。

いくつかの胚の中から良好な胚を一つ選んで子宮内に移植します。

残った胚は凍結保存されるのが一般的です。

着床率を上げる処置を続けながら、着床して妊娠が成立するのを待つというのが体外受精の流れです。

 

必ずうまくいくの?

この体外受精をもってしても、妊娠に結びつかない場合も少なくありません。

体外受精は女性の肉体的な負担はもちろん、金額も何十万もかかるため、金銭面や精神面への負担もとても大きくなります。

他にも様々なリスクがありますが、それでも体外受精という選択をしなければならないカップルは大勢いるのです。

不妊治療について理解し、自分に合った方法で治療を進めていくことが大切ですね。

不妊は自分だけの問題ではありません。

パートナーと支え合いながら乗り越えていくことが、最も大切なことだと言えると思います。

当院では心のサポートも重視しております。

【妊活・不妊】不妊治療の方法 その2人工授精(AIH)

2019.11.11 | Category: 不妊,妊活

不妊治療の方法の人工授精って?

タイミング法の次の段階は、配偶者間の 人工授精(AIH)です。

人工授精とは、男性の精子を人工的に女性の子宮内に直接注入して受精を目指す方法です。

そのため、性交による妊娠ではなく、精子を採取することになり、男性側の理解も今まで以上に必要となります。

精液を自宅または病院で採取し、それを洗浄・濃縮する作業を行ってから子宮内に注入します。

 

男性側の問題に対処できるの?

人工授精は、女性に何らかの問題がある場合以外に、男性側に不妊の原因がある場合にも有効な治療法とされています。

精子減少症や精子無力症など、精子の数が少ない場合や精子の運動率に若干の問題がある場合、また勃起障害により性交がスムーズにいかない場合などにも、人工授精を勧められるでしょう。

精子を洗浄・濃縮することで、元気な精子を直接子宮内に入れることができます。

通常の性交による受精の場合、精子のスタート地点が膣内なのに対し、人工授精では子宮の奥からとなり、精子が卵子を目指して移動する距離がおよそ半分となり、妊娠の確率を上げることができます。

 

気になる妊娠率は?

人工授精という名前だけ聞くと、とても大掛かりな治療で妊娠率も高いと思われがちですが、意外にも人工授精での妊娠率はそれほど高くありません。

人工授精をよく理解してみると、排卵のタイミングに合わせて、洗浄・濃縮した元気な精子を子宮の奥に注入しているだけなので、タイミング法に続きこちらも自然妊娠に近い形の不妊治療であると言えるでしょう。

精子が卵子を目指し、その後受精・着床して妊娠に結びつくという流れは、自然妊娠と同じなのです。

 

人工授精の費用と回数は?

人工授精で妊娠が成功する人の約9割が、4~6回目までに成功すると言われています。

この回数を目安にまた次の段階へステップアップするのが一般的ですが、女性の年齢や精子の状態によってはもっと早めのステップアップが必要な場合もあります。

人工授精は自由診療扱いとなり、保険が適用されません。

費用は1回約2~3万円ほどかかることが多いようです。

当院では施術と併用する事で確率を上げております。

【自律神経失調症】女性ホルモンと自律神経の関係

2019.10.29 | Category: 不妊,妊活,自律神経失調症

女性ホルモンと自律神経の関係とは?

自律神経失調症は、特に女性に多く見られます。

その理由は、自律神経と女性ホルモンの深い関りにあります。

女性ホルモンとは?

女性の体は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つの女性ホルモンの影響を大きく受けています。

卵胞ホルモンは思春期に女性らしい体づくりをしたり、月経を起こす他にも、動脈硬化を防いだり骨にカルシウムを蓄える役割などもあります。

黄体ホルモンは、妊娠と出産の準備に欠かせないホルモンです。

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)が低下すると?

女性ホルモン、特に卵胞ホルモンの分泌の低下は、更年期障害の原因になることでも知られています。

また、生活習慣病を引き起こす原因にもなります。

女性の体に大きな影響を与えている女性ホルモンのバランスが乱れると、自律神経の乱れにもつながり、自律神経失調症にかかりやすくなってしまいます。

これは、女性ホルモンと自律神経が、どちらも大脳の視床下部でコントロールされていることが大きな理由です。

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうとどうなるの?

女性ホルモンのバランスが崩れると、同じ視床下部でバランスを保たれている自律神経も、その影響を受けて乱れてしまうのです。

特に更年期の女性では、卵巣の機能の低下にともないホルモンバランスが大きく崩れ、自律神経にも異常をきたしやすくなります。

女性の一生は常にホルモンの影響を受け続けて成り立っています。

思春期には女性ホルモンの分泌が盛んになり、成熟期にはホルモンバランスは安定しますが、妊娠や出産によってまた大きくホルモンバランスが変化します。

 

女性ホルモンの分泌量のピークを迎えた後、更年期にはホルモンの分泌量が増えたり減ったりとまた不安定な状態になり、その後閉経を迎えて女性ホルモンは減少します。

このように、常に女性ホルモンのバランスが変化している女性は、自律神経のバランスを保つのも難しいことが多く、自律神経失調症になりやすいのです。

 

女性が自律神経失調症になりやすい原因とは?

その他にも、女性に自律神経失調症の人が多い理由には、次のようなことが考えられます。

・女性の社会進出にともなう社会的責任の重圧

・仕事と家事の両立

・結婚や出産などによる環境の変化

・育児や介護ストレス

・容姿に対する不安感 など

もちろん、このようなストレスにさらされているのは女性ばかりではなく男性もいるので、一概には言えません。

しかし、女性は人間関係からくるストレスに敏感な人が多いことや、昔はなかった新しい種類のストレスにもさらされる機会が増えました。

自律神経失調症が女性に多く見られるのは事実なのです。

【妊活・不妊】不妊治療の方法 その1タイミング法

2019.10.18 | Category: 不妊,妊活

不妊治療の方法って?

不妊と向き合う際に、自分の生活習慣の中でできる限りのことを行って、妊娠しやすい体づくりをすることはとても大切です。
それでもなかなか妊娠できない場合は、本格的な不妊治療を始めることになっていく場合もあると思います。

不妊治療の方法には様々な種類がありますが、まず最初に始める人が多いのが「タイミング法」です。
これは排卵日を予測して性交のタイミングを測る方法です。

基本的な不妊検査を受けた結果、排卵があることや子宮や膣、卵管などに大きな問題が見られない場合に、タイミング法から不妊治療を始めるというのが一般的です。

 

タイミング法ってどうするの?

月経周期や基礎体温をつけることで、ある程度の排卵日を予測することは自分でも可能ですが、タイミング法ではより正確な排卵日を調べたり、排卵誘発剤などを使って確実に排卵する日を決定したりすることもあります。
生理が不順な人や、基礎体温が安定しないという人にも適した治療法です。

 

タイミング法は、排卵日を正確に予測して性交を持つのに最適なタイミングをアドバイスして妊娠につなげるものなので、不妊治療の中でも最も自然な妊娠に近い治療法と言えるでしょう。
費用も、検査や排卵誘発剤などを使用する場合は1万円を超えることもありますが、数千円でおさまる場合がほとんどです。
夫婦にとって負担の少ない不妊治療だと思います。
しかし、タイミング法による妊娠の成功率は様々で、始めてすぐに妊娠する人もいれば、1年経っても妊娠できない人も多くいます。

 

タイミング法で成功させるには?

また、タイミング法で妊娠を成功させるには、男性側の精子に問題がないことも前提です。

タイミング法は、排卵日に沿って治療を進めていくものなので、チャンスは月に1度ということになります。

条件の違いなどにもよりますが、半年から1年ほどタイミング法を続けても妊娠に結びつかない時は、不妊の原因が他にあると判断し、次のステップへと進んでいくのが一般的です。しかし確率が思うように上がっていないのが現状です。

自分である程度排卵日を予測し、自己流でタイミング法による妊娠を試みていた場合などは、3カ月ほどで次のステップへ進めたり、年齢などを考慮してタイミング法をあまり重視しないという考えも増えてきているようですが正しい知識をまず入れることが大切です。

 

当院での説明やカウンセリングでは?

以上は一般的な見解ですが、当院ではさらに一歩二歩進んだアドバイスをしております。正しい知識を身に付けたい。もっと理解を深めたい。という方はトライアルコースがありますのでご利用くださいませ。

妊活:ルイボスティーの強力な抗酸化力

2019.08.02 | Category: 不妊,妊活

ルイボスティーの強力な抗酸化力

妊娠を望む人におすすめの飲み物が「ルイボスティー」です。

 

ルイボスティーはノンカフェインで胃腸への刺激が弱く、子供やお年寄りも安心して飲める飲み物です。

 

もちろん妊娠中や授乳期の飲み物としても適しています。

 

美容効果やリラックス効果も高く、近年女性に人気だと度々話題になっています。

 

 

 

 

 

そんなルイボスティーですが、実は不妊の症状の改善が期待できる飲み物としても注目されています。

 

その理由は、ルイボスティーには体内の活性酸素を強力に除去する成分が含まれているためです。

 

 

 

卵子は加齢によって歳をとるという話をしましたが、その他にも体内の活性酸素の影響により、卵子の老化を早めてしまう恐れがあります。

 

ルイボスティーには、この活性酸素のはたらきを抑える強い抗酸化作用があるため、ルイボスティーの効果で卵子の老化を抑えることが期待できます。

 

その他にも活性酸素は、内臓の老化を進めて妊娠しやすい体内環境を整える邪魔をするものなので、なるべく活性酸素のはたらきを抑えることで、妊娠率の向上につなげます。

 

 

 

抗酸化力の他にも、ルイボスに含まれる「アスパラシン」という成分が、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」と同様の作用が見られることが分かっています。

 

エストロゲンには子宮内膜を厚くして受精卵の着床を助けるはたらきがあるので、ルイボスティーにもそれと同じような妊娠をサポートするはたらきが期待できます。

 

 

 

 

 

ルイボスティーと不妊の関係性については、直接的な効果がまだ認められていない部分もあります。

 

ルイボスティーを飲むだけで不妊が治るというわけではありません。

 

しかし、ルイボスティーには活性酸素を除去するはたらきのほかにも、体を温めて冷えを改善する効果や、不安やイライラを和らげて安眠につなげる効果、便秘やむくみの改善など、妊娠しやすい体づくりに役立つ効果がたくさんあります。

 

 

 

特に不妊に悩む人が飲みたいルイボスティーは、希少なグリーンルイボスを使用したグリーンルイボスティーです。

 

普通のルイボスティーよりも栄養価の高いグリーンルイボスティーを選ぶことで、抗酸化力やアスパラシンの効果をより多く取り入れることができます。

 

最近では妊娠を望む人に向けたルイボスティーなども出ているので、ルイボスティーを選ぶ際の参考にしてみてください!

妊活・不妊:葉酸は不妊の改善にも役立つ

2019.06.19 | Category: 不妊,妊活

葉酸は不妊の改善にも役立つ

葉酸はビタミンBの仲間で、たんぱく質のもととなるアミノ酸の合成行う際に必要な栄養素です。

 

血液や皮膚をつくるのに欠かせない栄養であり、細胞分裂やDNAの合成などにも欠かせない大切なものです。

 

 

妊娠中は、葉酸を積極的に摂ることが勧められています。

 

葉酸を補給することで、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを7~8割軽減できると言われています。

 

 

 

1日の葉酸の成人の摂取量は240マイクログラムですが、妊娠中にはその倍の480マイクログラムの摂取が必要と言われ、特に妊娠3か月頃までの妊娠初期の葉酸摂取が推奨されています。

 

授乳期でも340マイクログラムと普段よりも葉酸を多く摂るように言われています。

 

このように妊娠中の葉酸が厚生労働省から勧告され始めたのは、2000年からで、2002年には母子手帳にもその旨が記載されるようになりました。

 

 

 

 

 

こうして妊娠中の葉酸摂取については広く認知されましたが、実は葉酸は妊娠してからではなく、妊娠を希望し始めた時から積極的に摂り始めるのが望ましいことは、まだ知らない人も多いかもしれません。

 

妊娠を予定する女性の場合、1日に400マイクログラムの葉酸摂取が勧められています。

 

これは妊娠が発覚してから葉酸を摂取するのではタイミングが遅くなるため、妊娠前から飲み始める目的のほかに、葉酸の着床障害に対する効果が期待されているためです。

 

 

 

細胞を増殖させるDNAの合成に関与している葉酸は、着床した受精卵が適切に細胞増殖するのをサポートし、妊娠の成功率を上げると考えられています。

 

また葉酸には、子宮内の血行促進効果や、子宮内膜を強化するはたらきがあると言われています。

 

着床障害の多くは子宮環境が整っていないことが原因の場合が多く、葉酸のはたらきで血流を良くして子宮内膜を強化することで、受精卵が着床しやすい環境を整えます。

 

 

 

 

 

葉酸は水溶性で水や熱に弱く、さらに食材からの摂取だと吸収率が悪い栄養素です。

 

食材から葉酸を摂取したい場合は、なるべく火を通さず、野菜はなるべく生のまま食べるのが良いでしょう。

 

 

 

しかし、妊娠前や妊娠中に必要な量の葉酸を全て食材から補うのは、なかなか難しいと思います。

 

そんな時は、サプリメントの力を借りましょう。

 

ただし、葉酸のサプリメントを選ぶ時には、添加物などがなるべく含まれていない、妊娠中でも安心して飲めるものを見極めましょう。

 

また、食事で葉酸を摂りすぎることはありませんが、サプリメントによる葉酸の過剰摂取は、じんましんや呼吸困難などの副作用を引き起こす恐れがあります。

 

摂取量にはくれぐれも注意して、葉酸で妊娠しやすい環境をつくっていきましょう。

妊活・不妊:歳をとらない精子と加齢していく卵子

2019.06.01 | Category: 不妊,妊活

歳をとらない精子と加齢していく卵子

歳を重ねるごとに、肌や体の老化は少しずつ進んでいきますよね。

 

あまり意識したことがないかもしれませんが、肌や体の老いと同じように、卵子も加齢とともに老化していきます。

 

 

実は、卵巣は卵子を保存するために存在するもので、厳密に言うと卵子を新たにつくり出すことはできません。

 

女性は、一生分の卵子を卵巣に抱えた状態で生まれてきます。

 

 

 

男性の場合は、精巣が精子をつくり出す役割をしています。

 

そのため、健康な男性の体内では毎日1000万個以上もの精子がつくり出されています。

 

 

 

 

 

 

これが卵子と精子の大きな性質の違いの一つです。

 

精子は精巣が元気に機能しているうちは、常に新しく生み出されているため、歳をとることはありません。

 

しかし卵子は、新しく生み出されることはないので、女性の年齢と同じだけ歳をとっていきます。

 

20歳の人が排卵した卵子は20歳、40歳の人では40年経った卵子ということになります。

 

 

 

そうなると当然、肌や体の老化と同じように、卵子の機能は加齢とともに衰えてきてしまいます。

 

卵子の加齢は、不妊の確率を上げる要因になります。

 

自然に妊娠する確率を下げてしまうほか、体外受精などの場合でも、妊娠の成功率を低下させる可能性があります。

 

 

 

また、卵子の加齢は流産の確率も上げてしまいます。

 

もちろん年齢を重ねても妊娠・出産を果たす人もたくさんいますが、加齢は確実に不妊の確率を上げる原因になり得ることも、覚えておかなくてはいけません。

 

 

 

 

 

さらに、新たに作られることのない卵子は、当然その数もどんどん減る一方です。

 

生理のたびに卵子が一つずつ減っていくわけではなく、卵子は毎日減少し続けています。

 

 

 

年齢が上がれば上がるほど、卵子の数も少なくなるというのが一般的ですが、卵子の数には個人差もあるため、年齢の割にたくさん卵子が残っている人もいれば、若いのに卵子の数が少ないという人もいます。

 

これも、不妊や不妊治療を進めていくうえで、妊娠しやすさ・しにくさの一つになります。

 

 

 

 

 

不妊のことを考える時、やはり年齢は重要な問題となるでしょう。

 

不安なことがあったら早めに行動を起こすのが、不妊解決への近道になるかもしれません。

ソレイユ鍼灸院までのアクセス

[ 見たいルートをクリックしてください ]

船堀駅からの方

1

駅から徒歩10分 船堀駅を降りて南口に進んでください。

2

交番が右手に見え

3

交番が右手に見え

4

横断歩道を渡るとトキビルが左手にあります。

5

船堀グリーンロードを真っ直ぐ進んでいただき、左手にファミリーマートがある交差点の信号を渡り左に曲がります

6

右手には船堀小学校があります。

7


ひたすら真っ直ぐ進んで信号を越えて二つ目の信号の手前にあおぞら介護センターと美容室のオレンジ色の看板があり、そこを右に曲がります。

8

真っ直ぐ進み新川の50m手前の右手に当院がございます。
バスをご利用の方

1

陣屋橋で下車し徒歩2分

2

あおぞら介護センターと美容室のオレンジ色の看板があり、そこを左に曲がります。

3

真っ直ぐ進み新川の50m手前の右手に当院がございます。

西葛26 船堀駅~
錦25  錦糸町
FL01  錦糸町

 

西葛26
船堀駅前
なぎさニュータウン・堀江団地・西葛西駅前

西葛26
葛西臨海公園駅前 船堀駅前・西葛西駅前・なぎさニュータウン

錦25
東小松川車庫
三角・船堀駅前

錦25
錦糸町駅前
三角・船堀駅前・京葉交差点・亀戸駅通り

錦25
葛西駅前
亀戸駅通り・京葉交差点・船堀駅前・三角

FL01
錦糸町駅前
船堀駅前・東大島駅入口・亀戸駅通り

FL01
葛西駅前
亀戸駅通り・東大島駅入口・船堀駅前

新川駐車場からの方

1

新川駐車場に車を停めて頂きます。
入口は中央入庫口、東入出庫口、南入出庫口があります。

2

北2の出口を出て頂き後方に進みます。

3

黒い橋のあるT字路を左に曲がります。

4

まっすぐ進み約50mくらいにの左手に当院があります。