TEL LINE
MENU

ホーム > Blog記事一覧 > 2018 6月の記事一覧

太りすぎは妊娠しにくい体質の一因に…

2018.06.23 | Category: 不妊,妊活

太りすぎは、健康面から見ても体に良くない様々な影響をもたらしますが、妊娠のことを考えた場合でも、不妊の一因となってしまっている可能性があります。

 

肥満=不妊というわけではありませんが、肥満により妊娠しにくくなってしまっている人がいるのも事実です。

 

肥満と不妊の関係性について見ていきましょう。

 

 

 

 

 

太りすぎによって内臓脂肪が増えると、脂肪細胞から分泌される「アディポネクチン」という成分の減少を招きます。

 

アディポネクチンは、脂肪細胞から血液中に分泌される善玉ホルモンで、人間の健康維持に重要な役割を持っています。

 

血液中に含まれるアディポネクチンは、全身を巡りながら傷付いた血管を修復したり、糖の代謝や脂肪の代謝に関与していて、糖尿病や高血圧、動脈硬化を予防するはたらきがある成分として知られています。

 

 

 

このアディポネクチンが減少すると、卵巣の皮が厚くなり、卵子がうまく育たなかったり、排卵異常の原因になることがあります。

 

アディポネクチンは脂肪細胞が大きくなると分泌が低下することが分かっており、肥満はアディポネクチンの減少の原因になり、妊娠しにくい体質へとつながってしまいます。

 

 

 

 

 

さらに肥満は、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)を引き起こす可能性も指摘されています。

 

PCOSとは、卵巣内に卵細胞が十分に存在しているにも関わらず、排卵が起こりにくくなってしまう疾患です。

 

・月経周期が長い(35日以上)または無月経

・月経周期が不規則

・ニキビが多い

・毛深い

・肥満

 

などが自覚症状として挙げられます。

 

 

 

PCOSの一つの原因として、卵巣内の男性ホルモン量の増加が考えられます。

 

肥満にともなう体脂肪には、男性ホルモンがたくさん蓄えられてしまうため、肥満がPCOSの一因になっている可能性があります。

 

また、肥満の人は血中のインスリン濃度が高い数値を示しやすく、インスリン抵抗性が関与して排卵機能が低下することもあります。

 

 

 

 

 

太りすぎると血液の巡りが悪くなりやすく、血行不良により体が冷えやすくなることや、肥満の人に多く見られる偏った食事も、生理周期の乱れなど妊娠しにくい体をつくる原因になってしまいます。

 

健康だけでなく妊娠しやすい体づくりのためにも、太りすぎには注意しましょう。

妊娠しやすい体づくりを目指して…

2018.06.18 | Category: 不妊,妊活

「不妊」に関して、様々な情報をまとめていきたいと思います。

 

不妊とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにも関わらず、一定期間(一般的には1年以上)妊娠をしないものを言います。

 

妊娠が成立するためには、卵子と精子が出会い、受精して着床するまで多くの条件がそろう必要があります。

妊娠は決して当たり前のことではありません。

 

 

最近では「妊活」という言葉や、芸能人が不妊治療をしている経過を公開するなど、妊娠や不妊に関して話題になることも増えたように思います。

 

不妊に悩む人の数は決して少なくなく、日本で不妊に悩むカップルの数は、5.5組に1組とも言われており、他人事ではありません。

 

カップルが結婚し、子供が欲しいと思っていざ妊娠に向けて動き出してみて初めて、不妊という事実に直面する人もたくさんいます。

 

過去の病気や体質などから、妊娠しにくい体になってしまうケースもあります。

 

一言で「不妊」と言っても、その背景にはそれぞれに様々な事情があるのです。

 

 

 

 

不妊の原因は男性側にある場合、女性側にある場合、またはその両方にある場合があります。

 

しかし、検査をしても明確なはっきりとした原因が分からない不妊というものもあり、全ての人がこれをすれば必ず不妊が改善される!という方法を提示するのは困難です。

 

男性の性機能障害、無精子症、女性の排卵・卵管・子宮因子など、検査などである程度不妊の原因にも、様々な種類があります。

 

 

 

 

今回お話していきたいのは、妊娠しやすい体づくりのために、日常的にできることは何かということです。

 

今現在不妊で悩んでいる人はもちろん、もしかして自分も不妊かもしれない…と少しでも不安に思っている人や、将来的に妊娠するための環境を今から整えておきたいという人の、何かヒントになればと思います。

 

 

 

もちろん、先ほども挙げた通り、不妊の原因によっては自力では対処のしようがないものもあるでしょう。

 

それでもできることはやっておきたい、不妊に関しての不安要素は少しでも取り除いておきたいと思う人も多いと思います。

 

出来る範囲で、自分に合った方法で、妊娠しやすい体質づくりを目指しましょう!

ソレイユ鍼灸院までのアクセス

[ 見たいルートをクリックしてください ]

船堀駅からの方

1

駅から徒歩10分 船堀駅を降りて南口に進んでください。

2

交番が右手に見え

3

交番が右手に見え

4

横断歩道を渡るとトキビルが左手にあります。

5

船堀グリーンロードを真っ直ぐ進んでいただき、左手にファミリーマートがある交差点の信号を渡り左に曲がります

6

右手には船堀小学校があります。

7


ひたすら真っ直ぐ進んで信号を越えて二つ目の信号の手前にあおぞら介護センターと美容室のオレンジ色の看板があり、そこを右に曲がります。

8

真っ直ぐ進み新川の50m手前の右手に当院がございます。
バスをご利用の方

1

陣屋橋で下車し徒歩2分

2

あおぞら介護センターと美容室のオレンジ色の看板があり、そこを左に曲がります。

3

真っ直ぐ進み新川の50m手前の右手に当院がございます。

西葛26 船堀駅~
錦25  錦糸町
FL01  錦糸町

 

西葛26
船堀駅前
なぎさニュータウン・堀江団地・西葛西駅前

西葛26
葛西臨海公園駅前 船堀駅前・西葛西駅前・なぎさニュータウン

錦25
東小松川車庫
三角・船堀駅前

錦25
錦糸町駅前
三角・船堀駅前・京葉交差点・亀戸駅通り

錦25
葛西駅前
亀戸駅通り・京葉交差点・船堀駅前・三角

FL01
錦糸町駅前
船堀駅前・東大島駅入口・亀戸駅通り

FL01
葛西駅前
亀戸駅通り・東大島駅入口・船堀駅前

新川駐車場からの方

1

新川駐車場に車を停めて頂きます。
入口は中央入庫口、東入出庫口、南入出庫口があります。

2

北2の出口を出て頂き後方に進みます。

3

黒い橋のあるT字路を左に曲がります。

4

まっすぐ進み約50mくらいにの左手に当院があります。