【美容鍼】美容鍼の魅力 ③自然的で健康的

2021年04月6日

美容鍼の魅力 ③自然的で健康的

美容のジャンルには、エステティックや美容整形、そのほかにもメイクやヘア、ネイルアートなどによる装飾美容などが主要な専門分野として挙げられます。

美容鍼も、美容を目的として行われるということではこれらの分野と共通していると言えますが、基本的な思想と手法については大きな違いが存在しています。

 

フランスで確立された美容学であるエステティックも、実は健康を基礎とした美を目標とした考え方に基づいているため、美容鍼との大きな共通点があります。

 

しかしその一方で、日本をはじめとする先進国では、エステティックの手法では医事法規の規制により治療行為は行うことができないと制限されているため、どうしてもサービスの範囲が体型や肌のケア、手入れどまりになってしまうのです。

 

それに対し美容鍼では、本来治療行為である鍼を用いて施術するため、体を健康に導き、それを美容につなげることが可能になります。

 

 

美容整形は外科的手術などによって容姿的な欠点を理想の形態につくり上げるものですが、美容鍼では一定のパターンによって容貌を整形するのではなく、一人一人の体質や健康状態、肌質や見た目の特徴などに基づき、非手術的な方法で根本的な美しさを追及していきます。

 

確かに美容整形でメスなどを入れることで外観的な部分を様々な形に変えることはできますが、やはり手術を行うことのリスクやトラブルは常に考える必要があるほか、長きにわたってメンテナンスなどが必須になる場合も多くなります。

 

なるべく自然的な方法に沿って、自分の美しさを引き出していくのが美容鍼です。

 

装飾美容は化粧品などを使って顔や髪、爪などに装飾を施す方法ですが、こちらは体の欠点を隠す、または飾り付けることで表面上の美しさを強調させるものです。

 

 

そのため化粧品などを除去した際には再び欠点が露呈してしまいます。

 

つまり装飾美容は、多くのケースが一時的な美を実現させるものであり、根本的な改善を目指した美容法とは言えない部分が多いのです。

 

美しくなりたい、見た目のコンプレックスを解消したいという思いに基づいているということは、どの美容のジャンルでも同様に言える部分です。

 

ただし、美容鍼では表面的な美だけを追及することはありません。

 

美容鍼の目的が美しさを手に入れることにあっても、結果的には体を健康に導く効果があるのです。

 

 

無理やり姿形を変えようとする方法では、本当の美は手に入れることができないというのが、美容鍼の考え方です。

 

健康に基づく美容法の大切さや重要さが、今世界中で見直されつつあります。