【不妊症・妊活】ルイボスティーの強力な抗酸化力

2021年03月6日

妊娠を望む人におすすめの飲み物が「ルイボスティー」です。

 

 

ルイボスティーはノンカフェインで胃腸への刺激が弱く、子供やお年寄りも安心して飲める飲み物です。

 

もちろん妊娠中や授乳期の飲み物としても適しています。

 

美容効果やリラックス効果も高く、近年女性に人気だと度々話題になっています。

 

 

 

 

 

そんなルイボスティーですが、実は不妊の症状の改善が期待できる飲み物としても注目されています。

 

その理由は、ルイボスティーには体内の活性酸素を強力に除去する成分が含まれているためです。

 

 

 

卵子は加齢によって歳をとるという話をしましたが、その他にも体内の活性酸素の影響により、卵子の老化を早めてしまう恐れがあります。

 

ルイボスティーには、この活性酸素のはたらきを抑える強い抗酸化作用があるため、ルイボスティーの効果で卵子の老化を抑えることが期待できます。

 

その他にも活性酸素は、内臓の老化を進めて妊娠しやすい体内環境を整える邪魔をするものなので、なるべく活性酸素のはたらきを抑えることで、妊娠率の向上につなげます。

 

 

 

抗酸化力の他にも、ルイボスに含まれる「アスパラシン」という成分が、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」と同様の作用が見られることが分かっています。

 

エストロゲンには子宮内膜を厚くして受精卵の着床を助けるはたらきがあるので、ルイボスティーにもそれと同じような妊娠をサポートするはたらきが期待できます。

 

 

 

 

 

ルイボスティーと不妊の関係性については、直接的な効果がまだ認められていない部分もあります。

 

ルイボスティーを飲むだけで不妊が治るというわけではありません。

 

しかし、ルイボスティーには活性酸素を除去するはたらきのほかにも、体を温めて冷えを改善する効果や、不安やイライラを和らげて安眠につなげる効果、便秘やむくみの改善など、妊娠しやすい体づくりに役立つ効果がたくさんあります。

 

 

 

特に不妊に悩む人が飲みたいルイボスティーは、希少なグリーンルイボスを使用したグリーンルイボスティーです。

 

普通のルイボスティーよりも栄養価の高いグリーンルイボスティーを選ぶことで、抗酸化力やアスパラシンの効果をより多く取り入れることができます。

 

最近では妊娠を望む人に向けたルイボスティーなども出ているので、ルイボスティーを選ぶ際の参考にしてみてください!