【船堀で美容鍼・小顔に興味がある方へ】古くからある「美容鍼」の考え方

2021年04月6日

「美容鍼」の考え方とは?

皆さんは、「美容鍼(びようしん)」をご存知ですか?

美容鍼とは、美容を目的とした鍼(はり)治療全般のことを指します。

 

近年美容のために鍼を利用する人が急増しており、美容鍼という言葉が一気に広まっています。

様々なテレビや雑誌などでも取り上げられ、モデルやタレントが美容鍼を利用していることが度々話題にもなります。

 

鍼のイメージって?

今までの鍼のイメージというと、リハビリのための鍼治療やスポーツ選手などが行う、体の痛みや不調の改善ための治療というものが一般的だったと思います。

しかし最近になって、「美容鍼」が鍼治療の一つのジャンルとして確立されてきています。

美容のための鍼、つまり美しくなるために鍼を行うというスタイルが浸透して来ているのです。

 

 

肌荒れやシワ、たるみ、ほうれい線、シミやくすみなどの症状は、容姿に支障をきたす「美容上のトラブル」として認識されています。

美容のことを考える時、誰もがこれらのいわゆる美容上のトラブルがない状態の自分を目指して、様々な美容対策を続けていくわけです。

 

しかし本来、美容上のトラブルと認識されている症状は、体に何かしらの不調があることで起こっていることがほとんどです。

つまり肌荒れなどの症状がある時は、体も健康状態が良くないことの表れでもあるということです。

東洋医学では、体の健康なくして美容の実現はあり得ないという考え方で、「健美(けんび)」というものがあります。

 

皮膚面だけの美しさを追及しても、本当の美容にはならないという考え方です。

「なぜ鍼が美容に効くのか」この答えはまさにそこにあります。

鍼の発祥地である中国では、美は健康の基礎として成り立つ、健康と美容は表裏一体であるという認識が古くから存在していました。

 

そもそも鍼に歴史のある中国では、「医療」と「美容」を区別しない考え方が広く見られるのですが、日本ではどうしても健康と美容をそれぞれ別の分野に分けようとする傾向が見られます。

そのため、美容に関係する施術は日本では「エステティック」という分野で行われているイメージが根強く浸透しています。

 

 

 

それが今、日本でもようやく変わり始めてきています。

 

健康の維持や増進、また回復などを目的とした治療法の一つでしかなかった鍼が、美容に確実な効果のあるものという認識が広まってきているのです。

 

また鍼治療は、世界保健機構(WHO)でも美容効果が認められており、美容鍼は確実な効果を得ることができる美容法として多くの国で広まり続けています。

 

美容鍼についてもっと詳しく理解することで、美容鍼がどれほど美容に効果的なものかが見えてくると思います。

【船堀でアトピーでお悩みの方へ】アレルゲンを排除する考え方 ③食生活の欧米化その1

2021年04月6日

アレルゲンを排除する考え方とは?③食生活の欧米化その1

私たちが生きていくうえで欠かせないことの一つが食事です。

人間の体は食べたものでつくられているので、食生活は健康を考える際に非常に重要になることは言うまでもありません。

 

そして食事は、アトピー性皮膚炎とも深い関係性があります。

 

 

 

近年問題になっているのが、食生活の欧米化です。

 

本来日本人の食事と言えば、白米、味噌汁、焼き魚や煮物などといった、いわゆる和食が中心の食事です。

 

これは粗食とも呼ばれ、健康的な日本式の食生活の形であったと言えます。

 

 

 

しかし、戦後の復興とともに生活環境が豊かになるにつれて、海外から肉や穀物などがたくさん輸入されるようになりました。

 

これにより今まで食べたことのなかったようなものが次々と食卓に並ぶようになり、日本人の食生活は少しずつ変化していきました。

 

 

 

もちろん、この食生活の欧米化により、今まで以上に多くの栄養を十分に摂れるようになったという面もあります。

 

しかし、粗食を続けていた時代と比べて明らかに栄養バランスが崩れ、肥満や生活習慣病の増加につながったことも事実です。

 

 

 

 

 

そしてこの食生活の欧米化により、アトピー患者が急増したと考えられています。

 

幼い頃から和食より洋食を食べて育ち、それがアトピーの発症に拍車をかけてしまうのです。

 

 

 

今では日本人の食事は、「高カロリー」「高脂質」「高たんぱく」が当たり前となりました。

 

これらは全て、アトピーをはじめアレルギー発症の大きな引き金になります。

 

食生活の欧米化は、成人してからアトピーを発症させたり、本来であれば大人になるにつれて改善していくアトピーの症状を逆に悪化させてしまうなど、大人のアトピーの悩みを増加させている原因ともなっています。

 

 

 

さらに、粗食の時代には存在しなかったお菓子やお弁当、加工食品の流通と比例して、アトピー患者は増え続ける結果となってしまいました。

 

ファストフード店の進出も日本に大きな影響を与えた欧米化の一つです。

 

 

 

 

 

日本中に美味しい食べ物があふれ、便利でいつでも手軽にお腹いっぱい食べられるようになった一方で、本来日本人が口にしていた粗食はすっかり姿を消してしまいました。

 

毎日和食を食べている人より、小さい頃から洋食を食べて育ったという人の割合の方が多いでしょう。

 

この食生活の欧米化は、アトピー患者を急増させ、日本をアレルギー大国と呼ばれるまでにしてしまった一因です。

 

アトピーの予防や改善を考える際に、やはり食生活を見直すことはとても重要になります。

【船堀でアトピーでお悩みの方へ】アレルゲンを排除する考え方 ②乳児期の食物アレルギー

2021年04月6日

 

アレルゲンを排除する考え方とは?

アトピー性皮膚炎は、成人になってからよりも乳児期や幼少期に発症する割合が非常に大きくなっています。

その原因の一つに、食べ物がアレルゲンとなってアトピーを発症するというケースが目立ちます。

 

人によりどんな食材でアレルギーを引き起こしやすいかは異なりますが、アレルギーを起こしやすい食物として「三大アレルゲン」というものがあります。

三大アレルゲンとは、卵・牛乳・小麦の3つです。

 

また、食品に使用されている原材料として、三大アレルゲンの他にもエビ・カニ・蕎麦・落花生が表示義務として規定されており、アレルギーにつながりやすい食材として知られています。

 

乳児期には生後5か月頃から離乳食が始まり、少しずつ色々な食材に体を慣れさせていきます。

離乳食を進める際に、卵や乳製品を初めて与えた時に赤みや湿疹などが出ると、それはその食材に対するアレルギー反応であると考えます。

離乳食の開始時期って?

この離乳食の開始時期について、近年早期の離乳によりアレルギーにかかりやすい体質になることなどが分かってきていて、離乳食の開始時期を遅らせる傾向があります。

まだ未熟な乳児の臓器は、食物に対して拒否反応を起こしやすく、それがアレルギーのもととなってしまう恐れがあるのです。

1歳になるまで離乳は必要ないという考えもあります。

また、アレルギー反応を起こしやすい卵や乳製品なども、1歳を過ぎるまでは控えた方が良いなどと言われ始めています。

 

食物アレルギーとアトピーとの関係とは?

食物アレルギーが発端となり、アトピー性皮膚炎を発症してしまうことがあります。

もともと、食物アレルギーがある人はアトピー素因を持つ人となり、アトピーを発症しやすい体質です。

乳児期の食物によるアレルギー反応は、アトピー性皮膚炎につながり、アレルゲンとなっている食べ物を除去しても湿疹がおさまらなくなってしまう可能性があります。

逆の言い方をすれば、アレルゲンとなっている食物を取り除いた後も、長期間湿疹などが消えない場合はアトピーを併発してしまっている恐れがあるということです。

 

まとめ

そのため、乳児期の離乳食の進め方や離乳の時期を考えることは、アトピーを発症させないためにも非常に重要になります。

離乳に関する考え方は人それぞれ違いますが、早すぎる離乳や時期を誤って食物アレルゲンを与えることは、アトピーを発症させやすくなると覚えておくと良いでしょう。

乳児期の食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の発症は、深く関係しています。

特に家族にアトピー患者やアレルギー体質の人がいる場合は、より一層の注意が必要だと思います。

【船堀でアトピーでお悩みの方へ】アレルゲンを排除する考え方 ①家を清潔に保つ

2021年04月6日

アレルゲンを排除するには?

まず家を清潔に保ちましょう

 

アレルギー症状を起こす原因を、アレルゲンと呼びます。

アトピー性皮膚炎の場合は、ダニやほこり、ハウスダストなどが大きなアレルゲンとなっている場合が多くあります。

ほとんどの人の生活のベースとなるのが、家です。

 

家の中には、無数のほこりやダニ、カビなどが存在しています。

 

家の中で生活をしている以上、このほこりやダニなどのアレルゲンを完全に排除することは不可能に近いと思います。

 

ストレスを抱えるほどほこりやダニの存在に神経質になると、かえって逆効果になってしまいますので、できる範囲で家を清潔に保つような心がけが大切になります。

 

こまめな掃除

清潔な空間づくりの基本は、こまめな掃除です。

アトピーによるかゆみから皮膚を強くかくと、皮膚の一部やアカが落ちてダニのエサになりやすくなります。

こぼれた食べかすなどももちろんダニを繁殖させてしまうため、毎日しっかりと掃除機をかけるなどして対策をしましょう。

 

見落としがちですが、掃除機自体をキレイに保つことも重要です。

ほこりをためない

家具の上や電気のかさに、ほこりがたまっていませんか?

 

また、エアコンのフィルターやカーテンにもほこりがたまりやすく、これらはほこりを部屋中に舞わせてしまう原因にもなります。

 

ほこりのたまりやすい部分のこまめな掃除を心がけ、ほこりが部屋にたまらないようにしましょう。

 

ぬいぐるみやクッションなども、こまめに洗ったり天日干ししたりする対策が必要です。

 

 

定期的な換気

 

現代の住まいは気密性が高く快適に過ごせる一方で、空気の流れが悪く、ダニやカビが繁殖しやすいうえにほこりも発生しやすい環境になりやすい状態です。

 

これを解消する1番の方法は、定期的に部屋を換気することです。

 

空気清浄機だけでは、部屋全体の空気をキレイにするのに限界があります。

 

最低でも1時間に1回は家じゅうの窓を開け、空気の入れ替えを行いましょう。

 

 

家具やカーペットのお手入れ

 

ソファーやカーペットは、ダニが繁殖しやすい環境をつくり出します。

 

ソファーはなるべく布製より革製のものを置くことや、カーペットを排除してフローリングに切り替えることなどで、ダニの繁殖を抑制させることができます。

どうしても布製のソファーやカーペットを使用する際は、定期的に洗ったり毎日掃除機などでしっかりと見えないダニまで吸いこみましょう。

家の中のアレルゲンを排除するには、やはり丁寧な掃除やお手入れが不可欠になります。

掃除機だけでは取り除けないほこりや皮膚のかけらなどもあるので、拭き掃除や粘着クリーナーなどを使用して家の中を清潔に保ちましょう。

 

アトピーの人やアトピー素因を持つ人は、毎日なんとなく掃除をするのではなく、アレルゲンを排除する意識でより念入りな掃除が必要になってくると言えるでしょう。

【船堀でアトピーでお悩みの方へ】アトピー素因とは?

2021年04月6日

アトピー素因とは?

アトピー性皮膚炎を発症する人の多くは、アトピー素因を持っていると言われています。

アトピーの定義とは、「かゆみをともなう湿疹」「症状が良くなったり悪くなったりを繰り返す」「アトピー素因を持つ」の3つであると、日本皮膚科学会により定められています。

ではアトピー素因とは、一体何でしょうか。

アトピー素因とは、生まれながらに持っている「アトピーを発症する要素、素質」のことです。

 

アトピー素因には、大きく分けて2つの項目があります。

★本人または家族が、アレルギー性の病気(アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎など)を持っている

アトピー素因を持っている人というのは、アレルギー系の病気に対する免疫機能が過剰にはたらきすぎてしまう体質の人のことを指します。

免疫機能は本来、細菌やウイルスから体を守るためにはたらくものです。

アトピー素因を持つ人の場合、その免疫機能が必要以上にはたらいてしまい、ダニやハウスダスト、花粉、場合によっては卵や牛乳などの食べ物にも過剰に反応を示して、気管や鼻、目、皮膚などで炎症を起こします。

 

これがアトピー性皮膚炎をはじめ、アレルギー性鼻炎や喘息などを引き起こしてしまいます。

このアトピー素因は、ある程度遺伝することが分かっています。

 

実際の発病には生活環境なども大きく関係してくるため、必ずしも遺伝するとは言えません。

 

しかし、家族にアトピー素因を持つ人がいる場合、高い確率でアトピー性皮膚炎を発症します。

 

自身が喘息や花粉症などを患っている場合は、アトピー性皮膚炎も発症しやすい体質であると言えます。

 

 

 

 

 

★「IgE抗体」が生産されやすい体質である

IgE抗体とは、アレルギーと深い関係があり、免疫機能が過剰にはたらく状態をつくり出す物質と言われています。

このIgE抗体をもともと多く生産しやすい体質というのが、アトピー素因を持つ人となります。

アトピー性皮膚炎の患者の約8割の人が、IgE抗体を生産しやすい体質であるという統計も出ています。

 

つまりアトピー素因を持つ人は、どうしてもアトピー性皮膚炎を発症しやすくなってしまいます。

しかし、アトピー素因を持っていてもアトピーを発症しない人もいれば、アトピー素因を持たないのにアトピーになってしまう人もいます。

つまりアトピーは、アトピー素因以外の部分で防いだり改善したりすることが可能ということになります。

 

アレルギー体質だからと言って、アトピーの改善を諦めるのは早いのです!

しっかりと対策をすることで、アトピーは予防・改善することができます。

【船堀でアトピーでお悩みの方へ】アトピーの具体的な症状

2021年04月6日

辛いかゆみをともなうアトピー性皮膚炎ですが、皮膚に現れる症状には、次のようなものがあります。

 

 

 

・乾燥

皮膚の水分が少なく、カサカサと乾燥した状態。

 

・鱗屑(りんせつ)

乾燥と同じくカサカサした状態で、フケのように角質がむけ落ちる状態。

 

・湿疹

皮膚にブツブツが現れてかゆみが出る状態。

 

・丘疹(きゅうしん)

湿疹よりは大きく、エンドウ豆ほどのサイズで皮膚面がドーム型に盛り上がった状態。

 

・紅斑(こうはん)

湿疹が出たり腫れたりして、皮膚が赤くなった状態。

 

・痂皮(かひ)

かきむしった後にできるかさぶたの状態。

 

・糜爛(びらん)

皮膚の浅い部分がはがれ落ち、ジュクジュクとただれた状態。

 

・苔癬化(たいせんか)

かきむしることを繰り返したことにより、皮膚が厚くなりゴワゴワと硬くなった状態。

 

 

 

皮膚がカサカサしているだけであれば軽微の状態、これに赤みを帯びてくるとアトピー性皮膚炎の軽症な状態であると言えます。

 

ここからさらに皮膚がめくれて皮がむけ落ちるような状態が中等症、腫れてより一層赤みを増したり、ジュクジュクした状態が続くようであれば重症となっていき、かゆみも重症になるにつれて強くなっていきます。

 

 

 

 

 

これらのアトピーの症状が現れる部分は、年齢によって差があります。

 

乳児期のアトピーは主に頬や額にできることが多く、ひどくなると背中や胸、手足など顔から体へと症状が広がっていくのが一般的です。

 

もう少し大きな子供の場合、ひじの内側やひざの裏側など、関節の内側や首の周りなどに症状が現れるケースが多くなります。

 

成人では、顔や首、胸や背中など、繰り返しひっかいてしまう手が届きやすい部分に、症状の重い湿疹ができやすい傾向にあります。

 

 

 

 

 

アトピーの症状は、顔や体の様々な部分に発生します。

 

手の届く部分にできたアトピーは、かゆみを我慢できずにかきむしって重症化しやすいという危険性があります。

 

 

 

アトピーは、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すのが一般的です。

 

一度症状が悪化してしまうと、改善させるのにもとても苦労します。

 

できるだけ早めの段階で症状を食い止めるのが、アトピーを悪化させないためには大切なことです。

【船堀で自律神経失調症でお悩みの方へ】症状別に見る自律神経失調症の改善方法3

2021年04月6日

~症状別 自律神経失調症の改善方法~

症状その5.息苦しさなどの呼吸困難感

緊張する場面で、なんだか息苦しさを感じたり、呼吸をすることが気になってさらに不安な気持ちになる…。

このような症状も、自律神経失調症に見られます。

息苦しさや呼吸困難感は、緊張や不安、ストレスなどが加わることで起こることがほとんどです。

まず、緊張して息がしにくく苦しくなった時には、息を吸うことよりも吐くことに意識を向けてみてください。

ゆっくりと息を吐き出すことができれば、自然と息を吸いこむ動作につながり、呼吸が楽になってくるでしょう。

浅い呼吸は神経をいら立たせて緊張感を増幅させてしまうので、深い呼吸により緊張した神経をしずめることが大切です。

日常的に息苦しさを感じる人は、就寝前や外出前に深い呼吸で体をリラックスさせましょう。

セルフケアはどうやるの?

まず仰向けに寝て目を閉じ、両手を下腹部に軽く置きます。

下腹部を軽く押しながら、口から細く長くゆっくりと息を吐き出し、これ以上息を吐けなくなったら鼻から空気を吸って下腹部を膨らませます。

これを10~20回繰り返すことで、心と体のリラックス効果を高めて日常の呼吸困難感を改善していきます。

 

症状その6.肩こりや首のこり

首や肩のひどいこりの悩みは、健康な人にもよく見られるものです。

自律神経失調症の人の場合、心と体の緊張からくる血行不良がこりの大きな原因となっています。

こりの症状の改善にも、疲れた体をいかにリラックスできるかがポイントになります。

入浴をシャワーで済ませてしまいがちな人は、毎日湯船につかる習慣をつけましょう。

短時間でも全身浴をすれば、体が温まって全身の血行が促進され、ガチガチになったこりをほぐしやすくなります。

セルフケアはどうやるの?

入浴剤やバスソルトなどで好みの香りを楽しめば、さらに高いリラックス効果を得ることができるでしょう。

入浴中には肩や首のマッサージを行ったり、また、シャワーの水圧を利用した首から肩にかけてのマッサージも効果的です。

仕事や家事の合間に首や肩を定期的に回したり、手で温めるように包み込みながらマッサージしたりと、こりは日々ためない努力が大切です。

どんなものを食べるといいの?

食事では良質なたんぱく質やミネラル、ビタミンなどを積極的に摂ると良いでしょう。

食材では卵、レバー、牛乳、サバ、イワシ、牛もも肉、豚ヒレ肉、ほうれん草、トマト、ブロッコリーなどがおすすめです。

【船堀で自律神経失調症でお悩みの方へ】症状別に見る自律神経失調症の改善方法2

2021年04月6日

~症状別 自律神経失調症の改善方法~

 

症状その3.食欲不振

自律神経の乱れから食欲不振に悩む人はとても多く、しっかりと食事をとれないことで体の不調をどんどん悪化させてしまう悪循環に陥りやすくなります。

仕事や家庭の悩み、不安やイライラがつのると、食欲の減退へとつながりやすくなってしまいます。

 

ひどい人では、無理やり食べることで吐き気や嘔吐を招く場合もあるので、このような時には、「食べなきゃ」と思うよりも心や体をリフレッシュさせることに重点をおくことで、自然と食欲も出てくるでしょう。

食事は楽しいもの!と、楽しんで食事をすることを心がけます。

好きな音楽を聴きながら、親しい人と話しながらなど、あまり食べるということだけに集中せず自分の好きなものに囲まれながら食事をしてみましょう。

自分の好きなものばかりを食べていては栄養バランスの偏りが気になりますが、たまには好物だけを並べて食べる日があっても良いと思います。

ハーブなどの香りで食欲をさそったり、食前酒を飲むことでアルコールが胃液の分泌を促進して食欲を増進させる効果も期待できます。

また、盛り付けにこだわって見た目を楽しむようにするだけでも、いつもより食事が美味しく感じるかもしれません。

お皿やマットなどをオレンジ色にすると、オレンジ系の色は自律神経を刺激して消化作用を促し、空腹感をもたらす効果があると言われています。

 

症状その4.めまいや立ちくらみ

めまいや立ちくらみも、自律神経失調症の人に非常に多く見られる症状です。

 

 

ぐるぐる回る感覚に襲われる回転性のめまいは、耳の疾患や脳の病気による場合が多く、自律神経失調症によるめまいは主に非回転性のめまいになります。

自律神経の乱れによる低血圧や心理的影響が原因となって、非回転性のめまいや立ちくらみを引き起こします。

夜更かしによる寝不足、運動不足、偏った食生活などを続けることで、めまいや立ちくらみの症状が現れやすくなります。

めまいが起きやすい人は、しっかりと体を休めることを優先させたり、日ごろの運動習慣により慢性的なめまいの軽減につながります。

急なめまいに襲われた時には、楽な姿勢で体を休め、症状が落ち着いてきたら首をゆっくりと回してみると体が楽になるかもしれません。

どんなものを摂るといいの?

食事ではやはり、鉄分を積極的に補いましょう。

栄養価の高い豚レバーは、鉄分補給だけでなくめまいに負けない強い体づくりに役立ちます。

ほうれん草や大豆、うなぎなども鉄分が豊富で、造血作用でめまいを防いだり、体質改善にも効果が期待できます。

 

【船堀で自律神経失調症でお悩みの方へ】症状別に見る自律神経失調症の改善方法1

2021年04月6日

自律神経失調症の改善方法とは?

自律神経失調症は、症状の多様さやあいまいさを持つ疾患であることから、その治し方にも確立された方法はありません。

症状や原因が人によって異なるということは、人によって適した治療法も異なります。

 

自律神経という目に見えない部位が失調していることもあり、症状を説明しても気のせいだ、大げさだと片付けられてしまったり、伝わりにくい面や分かりにくい面も非常に多くあります。

しかしその症状は決して気のせいなどではなく、自律神経という体の一部に異常が生じているというサインなのです。

そのため、しっかりと治療や改善に向けて努力すれば、症状が良くなっていくことが期待できます。

どうすればいいの?

今回は、日常生活の中で自分で自律神経失調症を改善していくことを目標に、その方法を紹介していきたいと思います。

~症状別 自律神経失調症の改善方法~

症状その1.疲れやすい、疲れがとれないなどの倦怠感

無理をしていないのにすぐに疲れてしまったり、休んでも休んでもなかなか疲れがとれない倦怠感に悩む時には、毎日湯船につかってゆっくりと体を温め、1日の疲れをとりましょう。

ぬるめのお湯(38~40度)に15~20分程度つかれば、体の深部まで温めることができ、疲れて弱った内臓のはたらきを高めたり緊張した筋肉をほぐすことができます。

1日の終わりに足の裏に温湿布を貼ってリラックスタイムをつくれば、全身の器官のツボが集まる足の裏を刺激し、じんわりと疲れをとってくれるでしょう。

温湿布を貼ることで、血行促進効果も期待できます。

他にも、強い疲労回復効果のあるクエン酸を多く含む食材を積極的に摂るのもおすすめです。

クエン酸は、レモンやグレープフルーツ、キウイやいちごなどの果物、お酢、アセロラなどにも多く含まれています。

特に梅干しを食前に食べることで、代謝の促進、疲労物質の分解、消化液の分泌などを効率よく高め、疲れをため込まないような体質へと導きます。

 

症状その2.寝つきが悪い、よく眠れないなどの睡眠障害

睡眠不足は、日々のストレスをため込む大きな原因となります。

毎朝同じ時間に起きる習慣は、自律神経を整えるうえで非常に重要です。

仕事が休みの日はいつまでもダラダラ寝て休みたい気持ちもありますが、平日と同じ時間に太陽の光を浴び、1日の周期を乱さないことで、「夜になると眠くなる」というリズムをつくり出して睡眠障害の解消につながっていきます。

寝る前の暗い空間で、携帯やスマホの操作を行っていませんか?

この習慣がある人は、これをやめるだけで寝ることに集中できるようになり、不眠を解消できるかもしれません。

また、テレビやパソコンから放出される光を寝る前に浴び続けることは、自律神経を乱しやすくなるので避けましょう。

寝る前のストレッチや日中の適度な運動も、睡眠障害の解消に効果的です。

他にも、足の裏にある「失眠」というツボ(足裏の正中線と、くるぶしの頂点から足裏へ引いた線が交差する点)をボールペンの柄などで刺激することで、快眠へと導く方法などもあります。

目覚めの悪さに悩む人は、手足を思いっきり伸ばして全身の血液循環をスムーズにしてあげましょう。

船堀ソレイユ鍼灸院で自律神経失調トライアルを受けてみたい方

料金・アクセス

医師・歯科医師なども推薦!(はればれ本院)

【船堀の本院の5つのメリットとは?】

【船堀で自律神経失調症でお悩みの方へ】女性ホルモンと自律神経の関係性

2021年04月6日

女性ホルモンと自律神経の関係とは?

自律神経失調症は、特に女性に多く見られます。

その理由は、自律神経と女性ホルモンの深い関りにあります。

 

女性ホルモンとは?

女性の体は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つの女性ホルモンの影響を大きく受けています。

卵胞ホルモンは思春期に女性らしい体づくりをしたり、月経を起こす他にも、動脈硬化を防いだり骨にカルシウムを蓄える役割などもあります。

黄体ホルモンは、妊娠と出産の準備に欠かせないホルモンです。

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)が低下すると?

女性ホルモン、特に卵胞ホルモンの分泌の低下は、更年期障害の原因になることでも知られています。

また、生活習慣病を引き起こす原因にもなります。

女性の体に大きな影響を与えている女性ホルモンのバランスが乱れると、自律神経の乱れにもつながり、自律神経失調症にかかりやすくなってしまいます。

これは、女性ホルモンと自律神経が、どちらも大脳の視床下部でコントロールされていることが大きな理由です。

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうとどうなるの?

女性ホルモンのバランスが崩れると、同じ視床下部でバランスを保たれている自律神経も、その影響を受けて乱れてしまうのです。

特に更年期の女性では、卵巣の機能の低下にともないホルモンバランスが大きく崩れ、自律神経にも異常をきたしやすくなります。

女性の一生は常にホルモンの影響を受け続けて成り立っています。

思春期には女性ホルモンの分泌が盛んになり、成熟期にはホルモンバランスは安定しますが、妊娠や出産によってまた大きくホルモンバランスが変化します。

 

女性ホルモンの分泌量のピークを迎えた後、更年期にはホルモンの分泌量が増えたり減ったりとまた不安定な状態になり、その後閉経を迎えて女性ホルモンは減少します。

このように、常に女性ホルモンのバランスが変化している女性は、自律神経のバランスを保つのも難しいことが多く、自律神経失調症になりやすいのです。

 

女性が自律神経失調症になりやすい原因とは?

その他にも、女性に自律神経失調症の人が多い理由には、次のようなことが考えられます。

・女性の社会進出にともなう社会的責任の重圧

・仕事と家事の両立

・結婚や出産などによる環境の変化

・育児や介護ストレス

・容姿に対する不安感 など

もちろん、このようなストレスにさらされているのは女性ばかりではなく男性もいるので、一概には言えません。

しかし、女性は人間関係からくるストレスに敏感な人が多いことや、昔はなかった新しい種類のストレスにもさらされる機会が増えました。

自律神経失調症が女性に多く見られるのは事実なのです。

1 2 3 4 5 6 7 8